トヨタ工機の型枠

「型枠」は、ユーザー様であるコンクリート2次製品メーカーにおいて、道路、擁壁、河川、鉄道、護岸、下水道、建築部材など、社会資本(インフラストラクチャー)の充実のためのコンクリート製品製造用として使用されています。型枠の形状、寸法などは、その使用目的により多種多岐にわたっており、のべ数万種類にものぼっています。

トヨタ工機は型枠と共に、コンクリート製品製造用の設備メーカーとして、さまざまな機械設備やツールを幅広く提供しています。最適な機械設備のご提案から開発・設計・製造・施工まで一貫して行っています。

トヨタ工機の「型枠」の強み

「複雑な形状に対応する高度な技術力」

●二次元・三次元CADを用いた独自の設計プロセス

2次元、3次元CADを独自の設計手法を用いて、機能性・耐久性・安全性を

高いレベルで共存させるという設計思想の下、常に新しいアイデアを追求しています。

造り易い設計、使い易い設計を常に心掛けています。

●CAE - Computer Aided Engineering

より良い製品作りを目指し、型枠とプラント設備の新しいメカニズムの開発に

CAEツールも用いています。構造・振動・熱流体などの解析を行い、

必要に応じて計測機器を使用し疲労試験も行います。

●製品は全てオーダーメイド(Custom Design)

お客様の使用条件に合わせて最適の製品をお届けします。

●約50年にわたる実績

「抜群の使いやすさ」

●使用する人が望む型枠

型枠を使用する人々にとって大切なこと。それは脱型・型組や掃除のしやすさ。お客様の作業環境に応じた、より使いやすい型枠を実現します。

「漏水検査による品質管理」

●漏水検査の実施

長年積み上げてきた板金・製缶技術で、精緻な製品を作り上げます。

完成した型枠には水を入れて、漏水検査を実施しています。

●プレキャスト製品の品質は型枠の品質から

プレキャスト製品の品質にとって型枠は命綱(生命線)。

寸法精度も出来栄えも型枠によって大きく左右されます。

「自社工場における一貫生産体制」

●熟練の技術者たちが心を込めて作ります

自社で設計したものを自社内で加工し組み立てた型枠には製作者の社員コードを明記し、お届けします。使う方々のことを思い描きながら・・・。

「海外取引の実績」

国内だけに留まらず、海外への輸出も20年を越え、世界各地からも高い評価を受けています。Toyotaforms というブランドで日本の技術を世界にお届けします。

プレキャストコンクリート製品業界の発展と共に約50年の歴史を刻む当社。

数々の経験から生まれた知恵を基に、より良い製品を世界各地にお届けしています。