輸入商材

RECKLI

現場打ち・プレキャストコンクリート建築用・土木用 フォームライナー(化粧型枠)

画像

ドイツ・RECKLI社は、フォームライナー(樹脂型)の設計・製造及びそれらを製作する際に使用する液状樹脂関連の世界有数のメーカーです。
RECKLI社のフォームライナーは、コンクリート表面に模様を付ける為の樹脂性型枠です。それらは全てドイツで製造しており、製品の品質や利便性は世界各地で広く認められています。
ドイツ・RECKLI社は、1968年以来、現在まで延べ何百万平方メートルものフォームライナーを製造してきており、その間、現場打ちコンクリート及びプレキャストコンクリート製品についてお客様からのあらゆる要望や疑問を解決してきました。
それらから培った経験を活かしてディベロッパー・建築家・設計者の皆様が考えるデザインを実現するお手伝いを致します!


標準パターン

約250種類の豊富なバリエーション。
すべてがオリジナルデザインです。
抜け勾配のないデザインも脱型が可能であり、それらの技術により複雑で繊細な模様を数多く取り揃えています。

画像

画像

画像

画像

写真製版

画像デジタルカメラで撮った写真などのデジタルデータを、コンクリート表面に陰影を作り、表現する技術です。
光の角度によって見え方に違いが出るため、ダイナミックな陰影を作り出すことができます。
また、夜間又は日光が当たり難い場所では、ライトアップにより幻想的な雰囲気を作り出せます

3D フォームライナー

画像新世代のRECKLI 3Dフォームライナーは、高さの違う凹凸により、コンクリート表面に立体的な効果を作り出す革新的な技術です。
お好きな写真・絵・図がそのままコンクリート表面に、立体的な模様を作り出します。
光による陰影とは違い、常に立体的な模様が表現されています。

カスタムデザイン

標準パターン以外のデザイン柄にも対応させて頂いています。
頂いたデザインを豊富な経験と熟練した技術スタッフがお客様のデザインを忠実に再現致します。

画像

画像

画像

RECKLI Blog 2020年3月
RECKLI SITE   https://www.reckli.com/en/blog/article/small-formliner-big-effect/

画像小さなフォームライナーがもたらした大きな効果

ワイン生産地であるハラウに登場したファサードは、未だ歴史を色濃く残す周辺の景観へ溶け込み、モダンなデザインランゲージによってより豊かな環境を築き、なおかつコストを抑える事に成功しました。

ワインの生産地であるスイスのハラウは、周囲をなだらかな丘や野原、森林に囲まれています。ドイツ語圏であるスイス シャフハウゼンの近くに位置し、周囲をワイン生産地に囲まれたハラウは"Blauburgunderland"(ピノ・ノワール生産地)の主要拠点の一つと言われています。農業とワイン生産が人口の支えとなっており、まるで絵画のような美しい環境、強い経済力そして便利な交通網は居住地としても大変魅力的であり、自然を愛する人々や家族を惹きつけています。

人々の移住は、ハラウに新たな住宅地やマンションの登場をもたらしました。”Onderi Gass”エリアは2017年に設計事務所Eggli de Beerの計画の下、建設されました。この計画には2つの目的がありました。1つはスプロール現象に見られる都市開発色を打ち消すこと、つまりプレハブ構造ではなく地域の環境に溶け込んだ外観を目指しました。次に、可能な限り周囲の自然に手を加える事の無いよう、より小規模な面積へ集約する事を重要視しました。

画像

この計画で建設されたアパートメントの1つが、ハラウ中心部バーンホーフ通りにあります。地域特有の構造を持ちつつ、モダンなデザインを取り入れたこのアパートメントについて、建築家のGéraldine氏は「この4階構造は周囲にある鋭い切妻屋根と調和を保っています」と語ります。生活空間に最適な自然光を取り入れる工夫を施すことによって、周囲の既存建築に溶け込む事が叶いました。

また、アパートメント設計時に重要視された点として大きなバルコニーがあげられます。建築家は通りの騒音対策として大きな欄干をデザインに取り入れました。そして、Eggli de Beerはバルコニーに視覚的効果を持たせることを決めたのです。「光と影の相互作用による創造性や、視覚から楽しんでもらえる印象的なファサードをデザインするのは非常に重要なポイントでした」とde Beer氏は語ります。

ファサードのデザインにはフォームライナーが採用されました。RECKLIエリアマネージャーElmar Pallaschは、建築家に標準規格として使用可能なデザインを200以上提案しました。「5種類の違ったパターンをサンプルとして見た後で、Veneziaを表裏逆にする事は可能かと尋ねられました」とPallaschは話します。Veneziaはダイヤモンドパターン構造のフォームライナーです。建築家は完成後のファサードに、ダイヤが外向きに飛び出る通常の模様ではなく、内向きに凹む模様を求めたのです。内向き用のフォームライナーは製品として問題は無く、標準構造から特注構造へと作り替える事はこれまでもありましたが、Veneziaはそういった前例はありませんでした。

コストを予算内に収めるために、注文されたフォームライナーは1枚。2016年3月、RECKLIは1.00 x 3.00mのフォームライナーをシャフハウゼン近くのプレキャスト工場に納めました。フォームライナーはコンクリートを注ぐ前に型枠にセットされ、コンクリートを養生した後に表面から取り除かれます。建築家のde Beer氏は、「控え目なダイヤモンド模様は周囲のタイル屋根と調和を保ちつつ、建物にさらなる優雅さを生み出しました」と述べ、仕上がりに非常に満足しました。工期の遅れや予算を圧迫することもなく、彼らは余計な手間をかけずに、ファサードに美しいアクセントを取り入れる事に成功したのです。

プロジェクト名:Apartment building in Onderi Gass
場所:スイス ハラウ
フォームライナーパターン:2/210 Venezia
設計:Eggli de Beer GmbH
PC工場:Külling
写真:Claude Gasser

RECKLIについてのお問い合わせ

042-366-6011

日本総代理店 トヨタ工機株式会社 月~金 9:00~17:00
 Eメール: impro@toyota-kohki.co.jp

ページ上部へ戻る