社員インタビュー

自分が作ったものを誰かに使ってもらえる。
そんな仕事に惹かれ、入社を決めました。

唐津 瑛
技術部 入社7年目
東京都市大学院 機械工学科出身
業務内容:設備CAD図面制作、機械設置工事・メンテナンス等

現在の仕事内容は何ですか?

普段は機械設備の設計を行いながら、上司や先輩に同行して設備工事の現場に入り、当社設備に関する知識や実践経験を積んでいます。最近では少しずつ一人での仕事を任せてもらえるようになりました。
一人だと責任も重く、難しいこともありますが、より良いものをお客様にお届けできるよう、日々の仕事に励んでいます。

入社の決め手は何ですか?

画像私は、大学で機械工学科を専攻していて、日頃から自分の作ったものが誰かに使われる仕事っていいな、と感じていたのがこの業界を志望したきっかけです。趣味がプラモデル製作で、型枠製造に近いものを感じ、トヨタ工機に興味を持ちました。
また面接時に「訳あって地元に帰らないといけなくなった社員がトヨタ工機で働き続けられるように佐賀に工場を作った」という話を聞いて入社したいと感じました。一人の社員のために支社を作るなんてここまで社員思いの会社は聞いたことがないなあ、と。

仕事のやりがいは何ですか?

様々な苦労をして、自分が関わった製造設備が実際に動いているところを見たときは感動しました。
また、製造設備では機械知識だけではなく、電気や空圧、油圧などの知識も必要となってきます。
型枠設計よりも覚えるべきことがたくさんありますが、知識を少しずつ学び、自分が成長しているのを実感できるのはとても良いことだと思います。

仕事で感じた厳しさは何ですか?

機械設備設計に配属された当初、私は知識も経験も少なく、その時の状況で何をすれば良いのか分からないことが多く、非常に辛い時期がありました。しかしその後、現場に出る機会を多く頂いて、機械の施工等を行っていくうちに、機械や電気に関する知識など様々なことを少しずつ学ぶことが出来ました。
今では、何か問題が起こったときに、今何が必要か、何をすべきかを自分で考えて判断し、臨機応変に対応することが出来るようになりました。最初は何も分からなくても少しずつ知識と経験を増やし、成長することが大事だと思います。

当社のPRを一言お願いします。

トヨタ工機の製造設備は、様々な知識が必要となります。その為、自分自身の知識を広げて、新しいことに挑戦し続け、成長したいと考えている人には、良い環境ではないかと思います。
また、インドにも子会社を設立し、海外展開も始めているので海外に興味を持っている人にも来て頂きたいと思います。

ページ上部へ戻る